TOEFLiBT®テスト対策カレッジ

お問合せ資料請求カレッジ概要

TOEFL®iBTテスト対策方法について


TOEFL®iBTテストリーディング対策方法の解説

TOEFLリーディングはハイレベルな速読力と、
難易度の高い設問に対して精通することが必要不可欠です


リーディングセクションは最低限の単語力と読解力を付けてから始めましょう!
リーディングセクションで最も大事なことは最低限の単語力と読解力が既に習得できているということですが、実はそれだけではリーディングでハイスコアを出すことは難しいといえるでしょう。なぜかというと非常に難易度の高い設問に対しての知識と対策が必要不可欠だからです。具体的なリーディング力の底上げに関しては「勉強法についての紹介」をご確認頂ければと思いますが、ここでは具体的な問題の解き方に関する攻略法について解説したいと思います。

TOEFLiBTテスト:リーディングセクション対策方法の解説

下記に皆さんがTOEFLの問題を解くうえで必要な対策法についてまとめています。過去問題など設問に対するアプローチ方法について勉強する際是非お役立てください。

問題(設問)の先読みテクニックについて

問題の先読みで文章の表題を掴む!
問題は始まったら文章を読む前に問題を先に読むことが大事です。先に問題を読んで、文章の該当する箇所だけを読む。文章のタイトルと問う問題は必ず問題の中に入っています。その問題を探すことにより文章を読む前にその文章のテーマが分かるわけです。
→ 問題(設問)の先読みテクニックについて

単語問題の対策法について

単語問題はコンテクストにより推理して解く!
単語問題は必ず全問正解するよう心がけましょう。TOEFLibtリーディングはレベルにもよりますが、まずある程度の単語力がなければリーディングセクションのパッセージ(文章)自体は問題として成り立っていないことになります。ここでは皆さんの単語力が必要最低単語力になっているかを確認することができます。
→ 単語問題の対策法について

問題(設問)傾向把握@

Reference Question(指示語を問う問題)は意味と文型で解く!
Reference QuestionとはIt やTheyといった指示語がその文全体で何を指しているのか、ということを問う問題です。その際、文前後の意味と文型によって答えが導き出されます。
→ 問題(設問)傾向把握@

問題(設問)傾向把握A

Factual Information Question(事実確認問題)は答えを文章の中から探す!
この問題は出願傾向から見ても分かるとおり、通常1つの文章に3〜6題される非常に出願頻度の高い問題です。また、文章の中で述べられている事実やその詳細を理解できているのか、ということを試す問題です。そのため、まずは問題で何を問われているのか、ということを把握することが必要不可欠になります。
→ 問題(設問)傾向把握A

TOEFL対策セミナー開催
なぜマンツーマンでなければスコアは伸びないのか?
ブース形式ではないのでプライベートクラスが可能
GMAT対策研究所 日本人留学生のための対策方法
GREテスト対策ラボ 日本人留学生のための対策方法
大学院留学何でも相談室
個人で成功する大学院留学
東京国際フォーラムにて大学院留学セミナー毎月開催中
IELTS対策コーチングセンター
大学院留学専門情報サイト
大学院留学専門トータルサポート
MBA留学センター
海外大学院サーチ (社)大学院留学協会

TOEFL®iBTテスト対策カレッジサイトマップ
TOEFL®iBTテスト
対策カレッジについて
当カレッジについて
講座(コース)の紹介
講座(コース)費用
申込方法
TOEFL®iBTテスト
について知ろう
基礎情報について
スコアについて
セクション別解説
他のテストとの比較表
TOEFL®iBTテスト
対策法についての解説
リーディング対策法
リスニング対策法
ライティング対策法
スピーキング対策法
TOEFL®iBTテスト
勉強法についての紹介
リーディング勉強法
リスニング勉強法
ライティング勉強法
スピーキング勉強法
TOEFL®iBTテスト
対策海外留学サポート
海外留学サポート
テスト対策留学サポート