TOEFLiBT®テスト対策カレッジ

お問合せ資料請求カレッジ概要

TOEFL®iBTテスト対策方法について


TOEFL®iBTテストスピーキング対策方法の解説

TOEFLスピーキングはカンバセーションではありません、
マイクに向かってスピーチするため回答をオルガナイズする必要があります。


対人のカンバセーションではなくプレゼン練習をする必要があります!
スピーキングセクションで最も大事なことはスピーキングセクションの対策を始める前にこのセクションの概要について詳しく理解しておくことです。どのようにテスト進みどういった内容をどういった形式で答えるのか、それが理解できていないと貴方のスピーキング力の半分も出すことができないでしょう。なお、 具体的なスピーキング力の底上げに関しては「勉強法についての紹介」をご確認頂ければと思いますが、ここでは具体的な問題の解き方に関する攻略法について解説したいと思います。

TOEFLiBTテスト:スピーキングセクション対策方法の解説

下記に皆さんがTOEFLの問題を解くうえで必要な対策法についてまとめています。過去問題など設問に対するアプローチ方法について勉強する際是非お役立てください。

Integrated Task対策法について

Independent Taskの概要を知る!
スピーキングセクションの複合問題は通常以下の二通りの出願傾向になります。
まずは問題の概要をしっかりと理解してください。
特に準備時間と回答時間は非常に短いので注意が必要です。
→ Integrated Task対策法について

Integrated Taskの採点基準〜Delivery (話し方)

採点基準 1: Delivery(話し方)
=「話すスピード」「発音」「イントネーション」「アクセント」
スピーキングセクション複合問題のセクションには、ETSが発表している採点基準として、「Delivery=話し方」、「Language Use=単語・文法」、「Topic Development=回答の内容」の三つの項目があります。それぞれ4点満点で採点をしています。
→ Integrated Taskの採点基準〜Delivery (話し方)について

Integrated Taskの採点基準〜Language Use(表現力)

採点基準 2: Language Use(表現力)
=「文法」、「単語」、「表現力」

二番目の採点基準は文法や単語、そして適材適所で単語や熟語をうまく使えているかという、つまり第二言語の表現力が試されています。ここでは、いかにネイティブのようにしゃべることができるか、というよりはしっかりした文法を使いアカデミック英語を使用する必要があります。採点基準は以下になります。
→ Integrated Taskの採点基準〜Language Use(表現力)

Integrated Taskの採点基準〜Topic Development(発展力)

採点基準 3: Delivery(話し方)
=「スピーキング(回答)の内容と発展力」

いよいよ三つ目の採点基準は回答の内容になります。
ここでは実際に回答の発展力を問われる箇所になります。
→ Integrated Taskの採点基準〜Topic Development(発展力)

TOEFL対策セミナー開催
なぜマンツーマンでなければスコアは伸びないのか?
ブース形式ではないのでプライベートクラスが可能
GMAT対策研究所 日本人留学生のための対策方法
GREテスト対策ラボ 日本人留学生のための対策方法
大学院留学何でも相談室
個人で成功する大学院留学
東京国際フォーラムにて大学院留学セミナー毎月開催中
IELTS対策コーチングセンター
大学院留学専門情報サイト
大学院留学専門トータルサポート
MBA留学センター
海外大学院サーチ (社)大学院留学協会

TOEFL®iBTテスト対策カレッジサイトマップ
TOEFL®iBTテスト
対策カレッジについて
当カレッジについて
講座(コース)の紹介
講座(コース)費用
申込方法
TOEFL®iBTテスト
について知ろう
基礎情報について
スコアについて
セクション別解説
他のテストとの比較表
TOEFL®iBTテスト
対策法についての解説
リーディング対策法
リスニング対策法
ライティング対策法
スピーキング対策法
TOEFL®iBTテスト
勉強法についての紹介
リーディング勉強法
リスニング勉強法
ライティング勉強法
スピーキング勉強法
TOEFL®iBTテスト
対策海外留学サポート
海外留学サポート
テスト対策留学サポート